ニンテンドー3DSが400万台突破、4人に1人が、「スーパーマリオ 3Dランド」や「マリオカート7」をプレイ

ニンテンドー3DSが400万台突破で、4人に1人が、「スーパーマリオ 3Dランド」や「マリオカート7」をプレイ

 ニンテンドー3DSの国内販売台数が400万台を突破したことが明らかになっています。

 ニンテンドー3DSは、2011年12月25日までの集計で、国内累計販売台数が413万5739台になっているそうです。

 また、先週1週間(2011年12月19日~25日)の販売台数は、週間販売台数では過去最高となる51万629台を記録しています。

 そして、ソフト販売本数では、

・ 『スーパーマリオ 3Dランド』 国内累計販売本数:104万2511本
 (集計期間:2011年11月3日~2011年12月25日)

・ 『マリオカート7』 国内累計販売本数:108万2391本
 (集計期間:2011年12月1日~2011年12月25日)

というものがあり、ニンテンドー3DS向けタイトルとして初めて、この2つのソフトが販売本数で100万本を突破したことが明らかになっています。

 ちなみに、「モンスターハンター3G」は、後に販売本数でも達成するとみられていますが、出荷が100万本を突破したことが先日発表されています。

 これにより、ニンテンドー3DSのハード所有者の大体4人に1人が、「スーパーマリオ 3Dランド」や「マリオカート7」をプレイし、「モンスターハンター3G」もそれに近い割合でプレイされている状況になっています。

 なお、ニンテンドー3DSは、これで軌道に乗ったと考えてもよさそうな感じになっていますが、DS時代と違って、3DSが赤字で販売されているところが最大の問題点で、この問題を早く解決しない限り、任天堂の業績は良くない状況が続くと思われます。

 情報元

コメント

  1. いぬえ より:

    赤字で販売はかつてのハードも同じ。値下げからの波がなかったらここまで普及出来なかった。それにしても400万台突破は早くて凄すぎ!スタートダッシュに失敗したハードがここまで伸びるのは珍しいのではないか。年末年始の任天堂は恐ろしや。

  2. kao より:

    3dsでもやっとこさミリオンソフト出たね!これからも頑張ってヤ

  3. 匿名希望 より:

    モンハン発売時の売り上げが300万突破だったのに
    もう400万突破かぁ
    さすが任天堂としか言い様ないな^^

  4. ナイト より:

    ハードとソフト共に順調に売れているな。
    これからもっと普及していくと思う。
    まぁ~赤字は少しずつ解消されていくんじゃない?

  5.    より:

    今年国内ミリオン越えたのマリオカート7、マリオ3Dランド、モンハンP3だけかあ。
    寒い市場になってんなー

  6. DSC4 より:

    これで社長の思惑通りになってきたんじゃない?
    あとはいかに間を空けずにソフトを供給できるかだな・・・
    27日のカンファレンスが楽しみ!

  7. 神の手 より:

    うむ。見事に全部持ってない

  8. より:

    3DS発売から約10ヶ月、3つのソフトが販売本数ミリオンというのはビデオゲーム史上初らしいですね。
    いや、確かに素晴らしく出来の良いソフトですよ、稀に出る良作がいっぺんに出ちゃった感じ。
    赤字販売は、量産、部品も安くなっていったりコスト削減?等で利益は増えてゆくるらしい。
    第14半期質疑応答でその辺のやり取りが書いてあった。