イナズマイレブンは、主要キャラに「どう」を付ける法則にしていて、今後も要チェック

イナズマイレブンは、主要キャラに「どう」を付ける法則にしていて、今後も要チェック

 イナズマイレブンシリーズのキャラクターについて、雑誌「ニンテンドードリーム」で、レベルファイブの日野晃博社長がコメントしています。

 これによると、イナズマイレブンシリーズの主要キャラクターは、「『どう』という文字を付けなければならない」ということにしているそうです。

 これは、円堂、鬼道、不動、久遠などの流れになっており、イナズマイレブン GOでは、神童がそれにあたることになっています。

 日野社長によると、この法則は最初から決めていたわけではなく、周りから「どう」が付く主要キャラが多いということを言われたため、開き直って「わざとやっている」ということにしたそうです。

 そして、この「どうの法則」は、今後も使っていく予定で、今後、名前に「どう」が付くキャラクターが出て来た場合は、重要キャラになるということが明らかにされています。

 なお、「神童拓人」は、「神のタクト」からその名前が付けられたこともコメントされています。

 ニンテンドードリーム(Amazon)

コメント

  1. 松風 より:

    天馬さん涙目w