セガがEAに続いてアトラスのゲームソフト流通を開始予定、セガ流通は国内外で約50社

セガがEAに続いてアトラスのゲームソフト流通を開始予定、セガ流通は国内外で約50社

 セガがアトラスのゲームソフト流通を開始する予定であることを発表しました。

 「アトラス」は、少し前にインデックスに吸収合併され、現在は「アトラス」というブランドのみが存在している状態ですが、セガとインデックスが契約を締結し、2012年4月から、セガがインデックスの「アトラス」ブランドのゲームソフトの流通を担当することになったことが明らかにされました。

 セガは、国内外の約50社のゲームソフトの流通を行っており、2012年3月期だけで約150タイトルのソフトが「セガ流通」により販売される予定になっています。
 ちなみに、セガは、去年、世界最大規模のゲームメーカー「EA」(エレクトロニック・アーツ)のソフトの流通も開始しており、セガ流通の存在感は大きくなって来ています。

 なお、参考として、アトラスブランドのゲームソフトの累計販売本数も明らかにされていて、これによると、「真・女神転生」シリーズが累計800万本、「ペルソナ」シリーズが累計350万本、世界樹の迷宮シリーズが累計60万本という販売実績になっているようです。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする