「キングダムハーツ 3D」の、色違いで、天地が逆のイラストの秘密は?

「キングダムハーツ 3D」の、色違いで、天地が逆のイラストの秘密は?

 「キングダムハーツ 3D」の公式サイトが更新され、「SYSTEM」、「CHARACTERS」、「SPECIAL」のページに追加が行われています。

 「SYSTEM」のページでは、ブリード、アビリティリンク、ドロップシステム、イベントフォーキャスト、メモワール、ダイブモード、リンクポータル、フリックラッシュという、本作の特徴となるシステムの紹介が数多く追加されています。

 ちなみに、「フリックラッシュ」は、トランプのスピードというゲームを基にしたミニゲームで、これだけでもかなり遊べるものになっているようです。

 そして、「SPECIAL」のページでは、こちらのような壁紙が追加されています。
 この壁紙は、パッケージなどで使われているこちらのイラストの色違いで、天地が逆になったようなものになっています。

 野村哲也氏によると、この逆のイラストは、単に逆にしているだけではなく、角度も変え、バランスをとったものになっており、またイラストで、ソラが目をつぶり、リクが目を開けていることなどにも、ちゃんと意味があるそうです。

 どのような意味があるのかは、ゲーム中に分かるようになっており、この逆のイラストも「ある難易度でのプレイを進めると見れる」ようになっているとのことです。

 さらに、この逆のイラストは、「闇は光となり、光は闇に墜ちる」という本作のキャッチコピーを連想するパッケージイラストと対になるようなものなので、これがあることで、果たしてその通りなのかなど、様々な方面からの考察を楽しめるようになっているようです。

 「キングダムハーツ 3D」については、他には、キャンペーンサイトに新たなCMの追加も行われています。

 公式サイト  キャンペーンサイト

 予約 : AR同梱 初回限定 通常版 Amazon  スクエニe-Store

コメント

  1. 匿名 より:

    プロモーションビデオの数がすさまじいね、
    それだけ魅せる場面が多いってことこかな。