「イナズマイレブンGO2」の「化身アームド」、2人を合体「ミキシマックス」、重要キャラ?「トウドウ議長」

「イナズマイレブンGO2」の化身を装備する「化身アームド」、2人を合体させる「ミキシマックス」、重要キャラ?「トウドウ議長」など

 「イナズマイレブンGO2 クロノ・ストーン」の公式サイトが更新され、新たな情報が追加されています。

 まず、化身を装備する「化身アームド」というものの紹介が追加されています。

 化身アームドは、化身の気を体にまとって、鎧を着たような姿に変化させるもので、今回は、これまでの化身も残るものの、「化身」と「化身アームド」を使い分けるようになっています。

 そして、「ミキシマックス」というものも紹介されており、これは、ワンダバの持っている「ミキシマックス・ガン」によって行うもので、2体の人物(もしくは動物)のオーラを融合し、それぞれの特徴を備えた新たなプレイヤーを誕生させるものです。

 他には、フェイが生み出す人型の化身として「デュプリ」というものがあることも明らかにされています。

 デュプリは、数の足らないチームを補う選手となるものの、出現させた本人の体力を激しく消耗するものになっているようです。

 さらに、優一が持つ「タイムブレスレット」

 プロトコル・オメガたちが使う「スフィアデバイス」というものも明らかにされています。

 また、キャラクター紹介も追加されていて、プロトコル・オメガのメンバー

 エルドラドの議長「トウドウ」などが紹介されています。

 特に、トウドウ議長は、「どうの法則」に当てはまる人物なので、重要なキャラなのかもしれません。

 公式サイト

コメント

  1. ギガン より:

    デンマーズのマッチョス、面白いですね

  2. 白竜 より:

    ゼロのシュウかっこいいなー