SCEが、ネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne」(ナスネ)を発表

 SCEが、ネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne」(ナスネ)というものを発表しました。

 ナスネは、500GBのハードディスクドライブ(HDD)および地上デジタル/衛星デジタル(BS/110度CSデジタル)チューナーを搭載したネットワークレコーダー&メディアストレージです。

 発売日は2012年7月19日で、値段は16980円です。

 ナスネは、本体を家庭内ネットワークに接続することで、PS3専用アプリケーション「torne」(トルネ)や、ソニーが新たに開発したVAIO専用のナスネ対応視聴・録画アプリケーション「VAIO TV with nasne」を使って、地上デジタル放送ならびに衛星デジタル放送のテレビ番組視聴や録画が可能になります。

 そして、PS3、PS Vita、VAIO、Sony Tablet、Xperiaを使っているならば、ナスネを通じて、録画した番組コンテンツを、これらのナスネ対応機器で共有することが可能になるほか、放送中の番組や録画した番組を家庭内において、2つの機器で同時に楽しむことが出来るようになっています。

 さらに、ナスネは、メディアストレージとしての機能も備えていて、手持ちの動画や画像、音楽などの様々なコンテンツをナスネに搭載されている500GBのHDDに保存し、家庭内ネットワーク上にある各種DLNA対応機器と共有することができるうえ、外付けHDDを接続することで容量の拡張も可能になっています。

 なお、ナスネは、基本的にはこれまでの「トルネ」の上位版といった感じですが、一読しただけではなかなか違いなどが分かりにくい商品だと思われるので、詳しくは、こちらこちらの公式サイトを見てみるといいと思います。

スポンサーリンク

シェアする