「カルドセプト」は、同じプラットフォームで2回つくれない呪いで3DSに?

「カルドセプト」は、同じプラットフォームで2回つくれない呪いで3DSに?

 任天堂のサイトに、「社長が訊く『カルドセプト』」のインタビュー記事が追加されました。

 今回のインタビューでは、企画・開発を担当した大宮ソフトの鈴木氏と、プロデュースを担当したジャムズワークスの武重氏、任天堂の斎藤氏が登場しています。

 インタビューでは、今回のニンテンドー3DSの「カルドセプト」は、元々、ニンテンドーDSの2作目として開発されていて、「カルドセプトDS 2」として発売する予定だったことが明らかにされています。

 そして、DSのメモリサイズの中で、「カルドセプト」のプログラムを、他の人に配って遊ぶというハードルがすごく高く、実装出来るレベルを模索している中で、任天堂から新ハードでの開発を提案され、3DSで作り直すことになり、今回の3DS版が誕生したそうです。

 これについて、鈴木氏は、「また同じプラットフォームで2回つくれない呪いかぁ~」と思ったそうで、同じハードで「カルドセプト」を2作出したことがない状態に、またなったことが明らかにされています。

 なお、3DS「カルドセプト」については、先日から公式サイトも公開されています。

 社長が訊く『カルドセプト』  公式サイト

 ニンテンドー3DS「カルドセプト」(Amazon)