ニンテンドー3DS「4.0.0-7J」で、フォルダ機能、eショップ改善、ソフトのアップデート機能などが追加

ニンテンドー3DS「4.0.0-7J」で、フォルダ機能、eショップ改善、ソフトのアップデート機能などが追加

 ニンテンドー3DSの本体機能が更新され、バージョン「4.0.0-7J」になりました。

 これは、先日のニンテンドーダイレクトで発表されていたもので、アップデートは、3DSのホームメニューの「本体設定」などから行えます。

 ニンテンドー3DSの「4.0.0-7J」の更新内容は、次のようになっています。

 
・ 「ニンテンドーeショップ」の更新
 ユーザーインターフェイスなどが改善され、2列表示などに

・ 「HOMEメニュー」の機能追加
 メニューのアイコンを整理出来るフォルダ機能が追加
 ホームメニューで、アイコンのない場所にカーソルを合わせると、画面下に「フォルダをつくる」が表示されるように
 作成したフォルダに、アイコンをドラッグ&ドロップすることで、アイコンを入れることが可能

・ ソフトのアップデート機能の追加
 ニンテンドーeショップなどでソフトの「更新データ」を受信し、ソフトを更新出来るように
 実際のソフトの更新は、それぞれのソフトの更新データが配信されるまで機能せず

・ システムの安定性や利便性の向上

 
 情報元

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. いぽ より:

    フォルダ機能すごくいいね

  2. パオロ ナヴァーロ より:

    長かったぁ…