テイルズオブシリーズは、今後、よりリアルな表現のものを作っていこうという思考は現在ない

テイルズオブシリーズは、今後、よりリアルな表現のものを作っていこうという思考は現在ない

 テイルズオブシリーズの海外ユーザーからの質問に対して、バンダイナムコの馬場英雄氏が回答している動画が公開されています。

 これによると、まず、テイルズオブシリーズは、日本人が作るRPGの良さを大前提にしており、そういった意味では、自分たちが出来る技術力、表現といったものを最大限に研ぎ澄まして行きたいと思っているそうです。

 そして、そのような考えがあることから、例えば、(海外での販売を狙ったような)写実的な、よりリアルな表現のものを作っていこうという思考は現在ないとのことです。

 よって、今後、FFのようなリアルグラフィックのテイルズオブが出てくる可能性はほぼないと考えていいようです。

 なお、動画の中では、日本や海外のユーザーから送られて来たイラストが、他のグッズなどと共に部屋に飾られていることも紹介されています。

 テイルズ オブ ハーツ CGムービーエディション(Amazon)

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. パオロ ナヴァーロ より:

    今の時代、貴重ですねこういう考えは…。
    外圧に負けないで貫いて欲しいです。

  2. 匿名 より:

    いいえ、100%ありえません。
    つまり日本のゲーム技術はもう時代をさかのぼっています。

  3. パオロ ナヴァーロ より:

    ↑退屈な考え方…

  4. 匿名 より:

    それなら粗製濫造やめて、きちんと作ってくれよ…