Wii Uは「Mozy」と提携して、セーブデータ保存などのクラウドのストレージを利用可能に?

Wii Uは「Mozy」と提携して、セーブデータ保存などのクラウドのストレージを利用可能に?

 Wii Uの新たな噂が明らかになっています。

 これによると、任天堂は、「Mozy」という北米のオンラインストレージサービスなどを行っている企業と提携して、Wii Uでクラウドサービスを行うのではないかとのことです。

 そして、これにより、Wii Uでは、ニンテンドーネットワークを利用して、セーブデータやユーザープロフィールなどを、オンライン上に512MBまでの容量で保存可能になっているとのことです。
 ちなみに、サービスの開始は2013年の初めを予定しており、日本で先に開始する計画にしているそうです。

 また、Wii Uで登場するチャンネルサービスも、このクラウドサービスと統合したものになるようです。

 噂なので、本当かどうかは不明ですが、「Mozy」という具体的なサービス名も出ており、今回はその内部からの情報とのことなので、本当である可能性は高いかもしれません。
 なお、この内部情報によれば、任天堂から「Mozy」にアプローチがあったのは2010年で、実際に開発作業に入ったのは2011年とのことです。

 ちなみに、PS3では既に有料のサービスでこのようなものが導入されています。

 情報元